漢字の異体字一覧

機械彫刻用標準書体の規格 JIS Z 8903 においては、一部の漢字に簡易字体が採用され、通用字体とともに収録されています※1。本フォントでは、OpenType フォントの異体字切り替え機能を実装することで、これを再現しました。

また、作者の興味により、機械彫刻特有の簡易字体とは関係のない異体字も、実験的にごく一部収録しています。

フォント全体が現在ベータ版であり、本ページに記載した機能も将来のアップデートの際に変更する場合があります。JIS Z 8903 に依拠したスタイルセット01を変更する可能性は低いですが、それ以外は実験的なものだと御理解ください。

JIS Z 8903 収録の簡易字体及びその関連

JIS Z 8903 収録の簡易字体には OpenType 機能のスタイルセット01(ss01 タグ)を割り当てています。一部の漢字には別の簡易字体を独自に追加し、それらはスタイルセット02、03(ss02、ss03)としました。

いくつかの漢字には、簡易字体とは逆に、一般の印刷文字に近付けた形※2を独自に追加し、それらはスタイルセット05(ss05)としました。

下表において、固有の Unicode 符号位置があるものにはそれを併記しました。E01** は異体字セレクタの符号位置です。異体字セレクタについてはその他の異体字の説明も参照してください。

字種基底ss01ss02ss03ss05備考
JIS Z 8903 収録の簡易字体独自に追加した簡易字体印刷文字に近付けた形
監
U+76E3
监
U+76D1
器
U+5668
器
機
U+6A5F
機 機 機
緊
U+7DCA
紧
U+7D27
事
U+4E8B
亊
U+4E8A
磁
U+78C1
磁
U+78B0 (E0102)
ss02 は工業分野で使われることがある略字。
質
U+8CEA
貭
U+8CAD
射
U+5C04
(E0102)
射
U+5C04
E0100
E0101
酌
U+914C
酌
主
U+4E3B
(E0100)
(E0102)
主
U+4E3B
E0101
E0103
酒
U+9152
(E0100)
(E0101)
酒
U+9152
E0103
需
U+9700
需
儒
U+5112
儒
酬
U+916C
酬
醜
U+919C
醜
襲
U+8972
襲 襲 ss01 は JIS Z 8903 初版(1969)の形。ss02 は改正版(1984)の形。
住
U+4F4F
(E0101)
(E0103)
住
U+4F4F
E0100
E0102
遵
U+9075
遵
醸
U+91B8
醸
嘱
U+5631
嘱
職
U+8077
耺
U+803A
震
U+9707
震
酔
U+9154
酔
雪
U+96EA
雪
選
U+9078
選
操
U+64CD
操
燥
U+71E5
燥
霜
U+971C
霜
騒
U+9A12
騒
藻
U+85FB
藻
属
U+5C5E
𭕛
U+2D55B
尊
U+5C0A
尊
駄
U+99C4
駄
第
U+7B2C
㐧
U+3427
第
駐
U+99D0
駐
電
U+96FB
電 電 電
曇
U+66C7
曇
配
U+914D
配

その他の異体字

以下は、機械彫刻特有の簡易字体とは関係のない字体差などを、Unicode ベースで実装したものです。

これらは作者の興味により実験的に収録したものであり、網羅的ではありません。

基底グリフ以外を表示するには、Unicode の異体字シーケンス(文字コードレベルの実装)や OpenType 機能(フォントレベルの実装)による指定が必要です。それらの使用方法については各自で確認してください。

下表において、異体字セレクタの符号位置については U+ を省略しています。一つのセルに複数ある異体字セレクタは、コレクション違いで、いずれも同じ字体を指します。IVD の Adobe-Japan1 コレクションにおける、一つの基底文字に対し一つだけ登録されている異体字セレクタは、単独では記載していません。その他、下表の凡例は次のとおりです。

字形文字コードレベルフォントレベル備考
基底文字異体字セレクタ別の符号位置
IVSSVS
次
U+6B21
(E0102) U+6B21
次 E0100
次 E0101
E0104
磁
U+78C1
U+78C1
碰
U+78B0
(E0102) U+78C1 [ss02]
U+78B0
碰 E0100
E0101
璽
U+74BD
(E0100) U+74BD
璽 E0101
叱
U+53F1
(E0100)
(E0102)
U+53F1
叱 E0101
E0103
𫜸
U+2B738
U+53F1 [jp78]
𠮟 𠮟
U+20B9F
U+20B9F
社
U+793E
(E0100)
(E0102)
U+793E
社 E0101
E0103
FE00
U+FA4C
U+793E [trad]
者
U+8005
(E0100)
(E0102)
U+8005
者 E0101
E0103
FE00
U+FA5B
射
U+5C04
(E0102) U+5C04
射 E0100
E0101
U+5C04 [ss05]
邪
U+90AA
(E0100)
(E0103)
U+90AA
邪 E0101
E0105
U+90AA [jp78]
U+90AA [jp83]
邪 E0102
E0104
弱
U+5F31
(E0100)
(E0102)
U+5F31
弱 E0101
E0103
主
U+4E3B
(E0100)
(E0102)
U+4E3B
主 E0101
E0103
U+4E3B [ss02]
酒
U+9152
(E0100)
(E0101)
U+9152
酒 E0103 U+9152 [ss01]
住
U+4F4F
(E0101)
(E0103)
U+4F4F
住 E0100
E0102
U+4F4F [ss05]
渉
U+6E09
U+6E09
涉
U+6D89
U+6E09 [trad]
U+6D89
所
U+6240
(E0100)
(E0102)
U+6240
所 E0101
E0103
U+6240 [salt]
所 U+6240 [salt]
所 U+6240 [salt]
所 U+6240 [salt]
所 U+6240 [salt]
食
U+98DF
(E0100)
(E0102)
U+98DF
食 E0101
E0103

U+2EDD
神
U+795E
(E0101)
(E0102)
U+795E
神 E0100
E0103
FE00
U+FA19
U+795E [trad]
捗
U+6357
(E0100)
(E0102)
U+6357
捗 E0101
E0103
FE00 U+6357 [jp78]
U+6357 [jp04]

注釈

※1 正確には次のとおり:JIS Z 8903 初版(1969)では、一部の漢字が簡易字体とされ、当該字種については通用字体の選択肢はありませんでした。改正版(1984)にて通用字体を新たに収録し、そちらを基本としつつ、簡易字体も使用条件付きで引き続き収録されました。

※2 市中に存在する機械彫刻文字において、機械彫刻用標準書体をベースにしながらディテールを印刷文字に近付けたものが散見されます。それらは彫刻業者が独自に改造したものと推測しています。